見出し画像

「漫画力UPワークショップ」で見えた次の時代の漫画家の在り方

こんにちは!東京ネームタンクのごとうです。

コロナの状況を見ると、緊急事態宣言が解除された瞬間から世の中が一気に動きだす…というわけにもいかない様相ですね。海外での流行を考えると第二、第三の波に備えなくてはなりません。

世の中が動き出した時にしっかりといいスタートを切るためにも、今学んだり準備したりすることが大事、というのはいつもお話ししていることですが、もうひとつ「オンライン化の定着」についても考えておくべきことと思います。

あまりに大きな事件に対して、世界の形が大きく変容しそうです。新たなスタートは新しい社会の形への適応から始まるのかもしれません。

一対一から多人数へ

これまで漫画は、わりと対面で学んで来たところもあると思います。編集者との打ち合わせも、東京ネームタンクの講義も僕が一対一でお話する時間を多くとって来ました。

その形をそのままオンラインに、ということもできるのだと思いますが、どうせオンラインでやるならその強みを生かした方法もあるのではないか。

今回Zoomを利用してのワークショップを開催したのですが、より多くの人が集まることで、一人一人にも多くの学びがある、そのような形を目指しました。

ワークショップではひとりひとりが取り組んだ8Pネームを「googleフォト」を使ってみんなで一箇所にアップしたんですね。これはひたすら壮観でした。(実はgoogleフォトも最近になって共有とコメントが簡単になったばかりです。まさに今だからこそ実現できたことだと思います。)

取り組む課題をみんなで同じストーリーにしたのですが、それも一人一人の違いをよく分かるようにするためです。その目論見は大成功だったのではないでしょうか。

画像1

こんな感じでずらーっと大量に課題が並びます。こちらは途中課題。
みんな違って、それぞれの良さがあります。

ぜひ参加者の作品を見てください

みなさんTwitterにも上げてくれているので #漫画力UPワークショップ をぜひ見てほしいです。どれも最高に面白いですよ!Togetterにもまとめました!

今回取り組んだ課題は『異世界転生桃太郎』
昔話の桃太郎は実は8Pに落とし込むのがとても大変です。どうやって落とし込むのかを学んだあと、コマ割りに取り組みました。作品の流れはみんなで共通です。

1. 巨大な桃に雷
2. 異世界から昔話に転送された勇者
3. おじいさんおばあさんに鬼退治を頼まれる
4. 困惑
5. 鬼登場
6. 理不尽さへの怒りor勇者が戦い続ける理由
7. 鬼退治(溢れる感情)
8. 勇者のいい感情(好みの気持ち)

笑えるものから…

かわいいショタっ子桃太郎

かと思えばすごいキレてるやつもいれば

が…画力…すごい…(ワークは2時間です)

めっちゃ残念なやつ(オチが好き)

ちょっとえっちなももたろうもかわいい!

Coooool!!!

紹介しきれないのが残念…!

楽しんで欲しいのと同時にもう一つ

オンラインワークショップは東京ネームタンクでもほぼ初めての取り組みでした。今後こういう形も増えていくんじゃないかと思います。

今回のワークショップでは「気づき」を大事に、より多くの気づきを得ることを目的としました。たくさんの作品の中から自分がいかに多くのことに気付けるか。この「気づく力」がこれからのオンライン時代に必要なのではないかと思います。

いま世界は情報に溢れています。大事な情報を見極められず、デマに乗ってしまうのも、気づく力が足りてないとしか言えません。冷静に世界を見つめ、いま足りないものに気づき、適応していける人こそ、次の時代に力強く生きていけるのだと思います。

▼漫画力UPワークショップ、きっとまた開催します!
大好評のワークショップまた開催していきたいと思います。
新着情報は東京ネームタンクのLine公式アカウントをフォローお願いします!

画像2

◆最新情報はメールマガジン『東京ネームタンク通信』をチェック!
今回の記事のように漫画制作に活かせる有用な情報を無料でお届けします。月一回のプレミアムメルマガです!ご登録はこちらから。

画像3


どうもありがとう!よかったらフォローもお願いします(⁎˃ᴗ˂⁎)
「東京ネームタンク」(https://nametank.jp)はマンガのストーリーの描き方に特化した教室&研究室です。 noteでは漫画作りのノウハウやプロ漫画家になるための考え方の記事を配信します。 プロ漫画家養成研究会「まんが奨励会」の入会はこちらの「サークル」タブへ。